チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイお気に入りのレストランやお店のご紹介

カテゴリー: ホテル・ゲストハウス

ホシハナヴィレッジホシハナヴィレッジ
HIVに母子感染した孤児たちの生活施設として1999年に設立したバーンロムサイ。寄付だけに頼らず、自分たちで運営資金を生み出そう、いずれ子どもたちの職場になったら、という思いで始めたのが、「ホシハナヴィレッジ」のゲストハウスだ。




プールチェンマイ市内から車で約20分のハーンドンという郊外にある。
緑が豊かで、一歩敷地に入るとまさに楽園。
敷地にはそれぞれ違ったタイプのコテージが点在し、映画「プール」の舞台にもなった気持ち良いプールやショップ、食堂がある。

土の家プールで寛いだり、レンタルサイクルで村を散策したり、車「プール」号でハーンドン市場まで行ったり、のんび〜り過ごすことができる。
食堂ではタイヤイ(シャン)料理や特製ベジタリアン料理、北部料理などを食べることができる。
ここで泊まっておいしいものを食べ、滞在を楽しむ。
それが寄付になるのだからなんとも嬉しいことではないか。
【住所】211 Moo 3 T.Namprae, A.Hangdong
【電話番号】063-158-4126(タイ国内から)
【HP】http://www.hoshihana-village.com/
【料金】1棟2000B~(2泊目から割引あり)
   

 


 

カテゴリー: カフェ

ユットさん グリーン・フード・コーヒー
チェンマイ市内から車で1時間ほどのカフェ。
1095号をパーイへ向かう途中のメーテーン郡にある。
「田んぼの中にカフェを開きたい」、そんな夢を実現したユットさんの店。
オランダに特注した機械で淹れるコーヒーの他、サイフォン、ドリップがある。






カフェラテ(65B)使う豆は、メーテーン郡のパーペー産。
ナッツと花のような香りが特徴だ。

詳しくはブログ記事を参照。


 

【営業時間】7:30-18:00(無休)
【住所】39 Moo, 1 Baan Pang Hang, Sobperng, Maetang(途中から看板あり)
【電話番号】081-971-8811
【FB】Green Food Coffee
手作りケーキ 田んぼが広がる

 

 


 

カテゴリー: ラーメン

ルットローク麺ก๋วยเตี๋ยวหลุดโลก
タイ料理が大好き、辛いの最高!という人にオススメの1軒。
パンチの効いたトムヤム味ラーメンが食べられるこの店は、いつもお客さんで賑わっている。
看板商品は大きなエビやムール貝、イカ、魚などがたっぷり入った店名の「クウェティオ・ルットローク」。
1杯130バーツとラーメンにしては高いが、オーナーによると1杯で満足のいく料理にしたかったという。レストランで食べるトムヤムスープのように酸味・辛味、甘味がきいていて、汗をたらたら流しながらこのラーメンを食べれば満足いくこと間違いない。



トンカツラーメンもちろん通常の豚肉などのトムヤムラーメンは40バーツ前後である。スープはパンチの効いた「ナームサイ」とミルクが入ったまろやかな(でも辛い!!)「ナームコン」から選べる。
ラーメンの他に、お母さん手製のゲーンハンレー(ミャンマー風北部カレー)などもある。

←これはトンカツ・トムヤムラーメン(50B)


ディムさんとギフトさんオーナーは、まだ若い美男美女カップルのディムさん(左)とギフトさん。人と違うメニューにしようと思い、試行錯誤で料理を考えた。お母さんに味見をしてもらうと、「地球を飛び出すぐらい旨い!」と感想をしたので、それを店名につけたそうだ。
実は日本の影響も受けているとか。「日本のラーメンとタイのラーメンと何が違うんだろう?」と考えた時、「日本のは盛り付けがおいしそうなんだ!」と気付き、店内でも盛り付けには力を入れているという。
【営業時間】10:00〜16:00(毎月1・16日休み)
【住所】Soi13 Srimankharajarn Rd(ニマンヘミン界隈)
【電話番号】088-978-7996
【FB】クウェティオ・ルットローク
   店 ゲーンハンレー
 


 

カテゴリー: カフェ

local cafe地元の素材を使ったフュージョン・スイーツと料理を食べられるカフェ。
オーナーは、タイの人気コメディアン、アーティストのウドムさんで、2014年5月10日にオープンした。
店の前には大きな猫が手招きをしている。
local rice style店内の家具も器も全て手作り。
まるでギャラリーにいるようで、アートを楽しみながらスイーツを味わえる。
メニューは地元の素材を使ったものばかりで、それを欧米や日本と融合させたオリジナルのものばかり。発想が面白い。

詳しくはブログ記事をどうぞ



 
【営業時間】10:30〜22:00
【住所】Think Park 内(Nimmanhemin Road とHuay Kaew Road交差点)
【電話番号】0-5321-5250
【FB】https://www.facebook.com/lovelocalcafe
  カボチャのケーキ 店内




JUGEMテーマ:グルメ


 

カテゴリー: 多国籍料理

DK Crispy Thai Chicken with Saladイギリス人のオーナー、デービッドさんの店。
10エーカー(約1.2万坪)の敷地にレストランがあり、横をピン川が流れている。
チェンマイのマンダリンオリエンタル・ホテルで5年間シェフをしていたオーさんが作る料理は見た目も味も満足のいくものばかり。




Spicy Fish Salad with Green Appleランチ・セットはメイン料理、デザート、ドリンクがついて199B。
自然の中で味わう料理は格別だ。

*上記のプロモーションは終了し、299B(ワインなどのドリンク付)になりました。
また変更するかもしれないので、確認してからお出かけください。(2014.11月現在)
 
*市内のマコミック病院の近くに移転しました。下記サイトの地図を参照。(2015)
【営業時間】10:00〜22:00
【住所】
https://www.davidskitchenat909.com/location.php 
【電話番号】091 068 1744
【サイト】https://www.davidskitchenat909.com/
【FB】https://www.facebook.com/dkat909
 
横にはピン川が流れる 店


JUGEMテーマ:グルメ


 

カテゴリー: 多国籍料理

salmonステーキ・オブ・ザ・デイ
元フォーシーズンズ・ホテルで長年シェフとして働いていた人の店。
店はオープンエアのシンプルな造りだけど、出てくる食事は本格的。
サーモンやカモなど盛り付けもボリュームも満足すること間違いなし。
ディナーは1皿400B前後と高目だが、ランチセットもある。


------------------------------------------------------------------------
【営業時間】11:00〜20:00(日曜休み)
【住所】Mae Rim Plaza内。メーリムの大きな交差点(メーサーキャンプへ行く道)の1つ手前の信号を左折(右側にアユタヤ銀行あり)。1分ほど車で行くとMae Rim Plazaがある。
【電話番号】081-256-7292
 【FB】https://www.facebook.com/steak.steakoftheday?filter=3
------------------------------------------------------------------------
Fish&Chips店

 


 

カテゴリー: カフェ

キャロットケーキガオ ムー ガオ
チェンマイ郊外にある素敵なお店。
オーナーはイギリス人とタイ人女性(シリパンさん)のご夫婦で、キルト・アーティストでもある。
料理やお菓子はすべて手作りで、材料にもこだわっていて、生クリームもきちんとフレッシュのものを使っている。
おいしい食事やケーキを食べながらのんびりできる隠れ家的の店。






------------------------------------------------------
【営業時間】10:00〜17:00(木〜日曜のみ)
【住所】山を前に見てトンパヨム市場から運河沿いに左へ(ハンドン方面)。15-20分ほど車で走ると、右側に小さな看板が出てくる。運河を右に渡って看板通りに進む(2分)。
【電話番号】087-187-4243

-----------------------------------------------------------
庭店


JUGEMテーマ:グルメ


 

カテゴリー: カフェ

A/sa/ma Cafe(世界バリスタ3位アサマ・カフェ)

クルア・ヤーの店の横にオープンした家族経営のカフェ。
世界バリスタコンテストで3位を受賞したという。小さいお店だが、池に面した庭があり、のんびりするには最適。
隣りのタイ料理屋さんで食べた後、こちらのカフェでお茶、というのがオススメだ。
手作りケーキも召し上がれ。

ブログ記事はこちらをクリック
 
  
【営業時間】-16:00(1、16日休み)
【住所】Lakeland住宅地の中(ステープ郡役所を過ぎて50mほど行き、左側の古い木彫の門を入る)
【電話】(053)805-497、(089)433-5991, (089)433-3883, (080)144-2323
【値段】コーヒー60B前後
【HP】http://www.kruaya.com/
庭 ブラウニーチーズケーキとコーヒー
 


 

カテゴリー: 雑貨・洋服

パガヨーปาเกอะญอ

チェンマイへ来た記念に何か北部らしいものを買いたい人はここに来てみよう。オーナーのブンリンさんが集めた様々なコレクションが揃っている。アンティークものの銀細工や巻きスカート、手織りの布、タイパンツ、カバンなど品揃えが豊富。
【営業時間】9:00〜18:30(日曜休み)
【住所】ナイトバザールのマクドナルドの路地を川に向かって歩く。右手にある。
【電話番号】053-275-491

パガヨーパガヨー


 

カテゴリー: カフェ

Mr.Tawachai おいしいコーヒーを探求し続けているタワッチャイ・ソーパナスック(通称トム)さんの淹れるコーヒーは人を魅了し続けている。2006年に移動式バンで本格的コーヒーを売り始め、その後リンピン・スーパー(Nim City)にカフェを設け、つい最近、「古い家の博物館」に3号店をオープンした。
どの店も圧倒的な人気を集めているが、その秘訣はトムさんの気さくな人柄にもあるが、「職人のコーヒー」と店名につくように、豆や焙煎、淹れ方にこだわっていること。
special coffee  特にカフェラテやアイスモカなど店で使うコーヒー豆は「ピーベリー」と厳選している。一般のコーヒー豆(平豆)は対になっているが、ピーベリーは丸く1個だけで木になる。太陽が均一にあたり、味も香りも凝縮されるという。普通の豆の10%しか採れないが、店ではその豆を贅沢に使って香り良いコーヒーを淹れている。
そしてこの3号店のカフェでのみ味わえるのが、ゆっくり淹れるサイフォン・コーヒーとケメックスのコーヒー。豆はチェンマイ産のドライプロセス(通常は「水洗式」)したものを使用し、豆本来の味を楽しめる。酸味のあるフルーティーな味が好きな人にオススメだ。
(トムさんがいる時しか飲めない)
home made scone ちなみにケメックスとは、ドイツの化学者が考案したフラスコのような容器で、それにお湯を注ぎながらゆっくりコーヒーを淹れていくもの。渋味や脂肪分を適度に取り除くので洗礼された味になる。
週末には手作りジャム&生クリームのスコーンがあるので、コーヒーと一緒に楽しみたい。

*敷地の関係で、隣りに移転。メニューも変更になっている。(2015.10)
*トムさんはこの支店にはいない。



 
【営業時間】8:00〜17:00(無休)
【住所】พิพิธภัณฑ์เรือนโบราณล้านนา(ピピタパン・ルアン・ボーラン・ラーンナー)内。チェンマイ大学美術館・アートセンター裏手。運河沿い。
【電話番号】08-4041-5985
Thom Coffeechemex coffee


 

*営業時間や値段などは変更になる場合があります。
*地元情報誌One-Two Chiangmai/Chaoに掲載したものもあります。

 

新しい記事| 最新 |古い記事