チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイお気に入りのレストランやお店のご紹介

カテゴリー: 雑貨・洋服

パガヨーปาเกอะญอ

チェンマイへ来た記念に何か北部らしいものを買いたい人はここに来てみよう。オーナーのブンリンさんが集めた様々なコレクションが揃っている。アンティークものの銀細工や巻きスカート、手織りの布、タイパンツ、カバンなど品揃えが豊富。


*サンカンペーン郡に移転(2016)

【営業時間】9:00〜18:30(日曜休み)
【住所】
google map
【電話番号】


パガヨーパガヨー

 


 

カテゴリー: 雑貨・洋服

蜜ろうのロウソクは灯りが温かくやわらかい。オーナーは日本で造形美術とデザインの経験をつんだホンさんとその彼をサポートするちひろさん。
猫が大好きという2人のモチーフは猫がメインで、マグネットや箸置き、チェンマイTシャツ、ポットなど、ところどころに猫がちりばめられている。
店名の「レンディー」とはタイ語で「よく遊ぶ」という意味があるが、その名の通り、店にある商品は遊び心にあふれた物ばかりだ。そのかわいさは思わずなでたくなるほど。
絵付けしたホーローのお弁当箱(320B〜)どれも手作りで、樹脂を使った猫のマグネットや箸置きはモデル造形、型作り、着色といった全行程を自分たちで行い、ホーローのお弁当箱やポットの水牛、ヤシ、象、猫の絵はひとつひとつ手で丁寧に削って描いている。
「チェンマイの人々と共に歩めるモノづくり」をコンセプトに、店内には2人の作品の他、ジョムトーンの村のおばさんがチクチクと手縫いした綿のシャツやタイパンツ、ホンさんの故郷サンパートーンの村で彫られた仏像やスプーンなども販売している。
サンドイッチとアイスモカまた、ココナッツ削り器やタバコケース、水牛の鈴といった昔タイで使われていた趣のある小道具も買い求めることができる。
嬉しいことにカフェスペースもあるので、雑貨を見たり、作り手のホンさんとちひろさんと話したりしながらコーヒーやアイス・カフェモカ、バナナミルクティー、ベーグルサンドイッチなどを味わいたい。 
そこにいるだけでなんかワクワクと楽しくなってくる不思議な店だ。

*旧市街の今の場所に移転。


 
【営業時間】11:30〜21:00(火水日休み)
【住所】37/3 MoonMuang Soi6 (ソンペット市場の路地)地図
【電話番号】088-269-5802,087-8040-010
【サイト】http://www.rendeedesign.com/
店内猫の箸置き


 

カテゴリー: 雑貨・洋服

帽子

 手作りのカバンや帽子、靴、アクセサリーなどが並ぶこの店は、外観を見ても入ってからも「ちょっと違うぞ」と思わせる店だ。
 この店をオープンしたのは、秋元摂子さん。日本でアート・デザイン関係の仕事をしていて、12年前にチェンマイに来てからはお姉さんと一緒に衣料品・カバンのデザイン、販売をしている。
 2人の店は卸中心だけど、3年前に摂子さんが開いた店「レン」は、大量に作る卸しでは使えないような貴重な布や端切れをアレンジした1点ものを買うことができる。
山岳民族の布を使ったカバン 摂子さんが作り出すものはどれも遊び心が入っていて、見ていても持っていてもワクワクしてくるものばかり。店名の「レン」(遊ぶ)というタイ語がぴったりだ。また、この「レン」には「レンコン」という意味も含んでいて、摂子さんの好きなレンコンのモチーフも所々で見ることができる。
 カバンやポーチには山岳民族の古布が使われているが、歴史がつまったものを新しいものと合わせて違うスタイルを生み出し、また誰かに使ってもらいたい、そんな思いが込められている。どれも味があるものばかりで、1つの作品にストーンウォッシュ、刺し子、染めなどいろいろな技が加わっていて、愛情を感じるもので溢れている。
--------------------------------------------------------
【営業時間】9:00〜17:30(日休み)
【電話】0-5325-1686
 【住所】43 Langwat saenfang, T.Changmoi(ターペー通りとチャーンモイ通りをつなぐ真ん中の道。セーンファン寺前。ターペー通り近く)
【サイト】
http://atelierren.soragoto.net/index.html
--------------------------------------------------------
アクセサリー店内


 

カテゴリー: 雑貨・洋服

ゲストハウス建築家がオーナーで、コンセプトはリサイクルと地球温暖化。打ちっぱなしのコンクリートにトタン板や洗濯機の一部などをデコレーションに使ったり、古い冷蔵庫をポップに塗り替えて置いたりと、所々で面白い発見がある。部屋はツイン、ダブル、フォールームの3タイプ。
1部屋に自転車を1台貸してくれるのでニマーンヘーミン散策に利用したい。


店また、ホテルの横にはガラス張りの店があり、そこでいろいろなアーティストの商品を買うことができる。オリジナルバッグやシャツ、人形の形をした手作りライト、ポーチ、携帯電話ケースなどどれもユニークなものばかりだ。
お土産に、ちょっと人と違ったものを誕生日プレゼントにしたい時に来店してみては?

 --------------------------------------------------------------

【営業時間】店 10:00-19:00

【住所】Soi13 Nimmanhemin Road
【電話番号】0-5328-9176

URLwww.hallonimman.com

--------------------------------------------------------------
ユニークな商品ユニークなカバン


 

カテゴリー: 雑貨・洋服

店内キット・ビット・エス
3姉妹と3人の友達とオープンしたお店で、「キット・ビット・エス」、「チューイ」、「トン・タプティム」というブランドがある。
店名にもなっているkit-bit-sを立ち上げたのは、3姉妹のフンさん、クンさん、レックさん。コンセプトは、1回きりの服ではなく、普段着だけどどこかオシャレで、飽きのこない洋服を作ること。
ブラウスはどれもミニ/ロングスカート、半/長ズボン、ジャケットなど何にでも合わせられるものばかりだ。
特筆すべきことは、3人姉妹が持ち回りで1週間に4パターンを考え、店に並べていること。1つのパターンでサンプルを含めて5着作るが、それぞれボタンや布など変えるので、まったく同じ服がないとか。

チューイブランドTこれは「チューイ」ブランド。
デザイナーのウムさんは、フクロウや花などの柄をシルクスクリーンしたカバン、Tシャツ、山岳民族の布を取り入れた製品を作っている。
Tシャツの腕や襟をアレンジしたり、カバンはリバーシブルにできたりと、ところどころにオシャレなセンスが光っている。
トンさん&タプティムさんが作り出す「トン・タプティム」ブランドは、コットンのポーチやネームタグ、携帯ケースなどの小物が主流で、優しいものばかりだ。
【営業時間】10:00-20:30(無休)
【住所】Nimmanhemin Road(.廛蹈爛福璽鋲 Tall Teak内
【値段】Tシャツ300B、服490B〜1290B

フンさんトン・タプティム


 

カテゴリー: 雑貨・洋服

キーホルダーバイ・デザイン 
このお店を開いたのは、グラフィックデザインをオーストラリアで勉強したニラーさんと旦那さんのボムさん。
自らペンキを塗って内装を手掛け、アクセサリーを飾るスタンドなども全部デザインした。
あまりにお店がオシャレなので、「高いかも…」と中に入るのをためらう人もいるそうだが、値段はいたって手頃。
アクセサリーを土・日曜歩行者天国で売り始めた4年前と同じだ。

店内歩行者天国で売っていた頃からディスプレイには力を入れていて、その飾り方が人目を引き、ガラスや石で作った手作りのアクセサリーは女性の心をつかんだ。
2年間そこで販売した後、ナイトバザールで1年店を持ち、今の場所に念願の店を開いた。
オリジナルデザインのキラキラと輝くアクセサリーは歩行者天国の頃からのファンも多く、口コミで人気が広がり、今ではヨーロッパ、日本、アメリカ、オーストラリアなどから発注がくるそうだ。
【営業時間】10:00-20:30(無休)
【住所】Huay Kaew Road(チェンマイ大学正門を背にすると、右斜め前150mほど)
【電話】08-1961-0774
【値段】ネックレス 280B〜、携帯ストラップ 39B

アクセサリーオーナーのニラーさん


 

カテゴリー: 雑貨・洋服

チャバーチャバー
コンセプトは「ボヘミアン」。
涼しげな布に花柄などがちりばめられたカラフルな洋服は国内外の女性を魅了している。
全部オリジナルのハンドメイドだ。
店内には昔のホーローの食器や家具、おもちゃなどが飾られていて、店内全体が華やかなギャラリーのような場所になっている。
【営業時間】10:00-21:00(無休)
【住所】Nimman Promenade内(ニマンヘミン)
【電話】
【値段】いろいろ

店内カラフルな服


 

カテゴリー: 雑貨・洋服

Tree Houseツリー・ハウス
築140年の家には古い家具がたくさん揃っている。
昔はピン川から来る商人たちを相手に商売をしていたが、現在は4代目のオーさんが1階をお店にし、敷地にゲストハウスを建てた。

もち米を混ぜる容器アンティークの家具や道具、古い木材を使って作った家具はどれも温かみがある。
オーダーも受けているし、日本までの配送もしている。
家具を探している人は気さくなオーさんにぜひ相談してみて。


【営業時間】4:30-18:00 
【場所】152 Charoenrat Road
【電話】(053)243-755


 

カテゴリー: 雑貨・洋服

ビーズ&ストーンズビーズ&ストーンズ 2009年9月閉店
洒落たビーズや銀製品が揃っている店で、最近オーナーが代わり、「Bright Beads」(ブライトビーズ)から名前を変更した。
パーツでも買うことができるので、自分で作る人にもオススメ。
山岳民族や近隣諸国から集めた布製品や数千年前のオールドビーズなども置いていて、見ているだけでも幸せになってくる店だ。

【営業時間】10:00-19:00(休み:月曜日)
【場所】43 Tallteak Plaza, Nimmanhemin Road
【電話】(053)210-068

ビーズ&ストーンズビーズ&ストーンズ


 

カテゴリー: 雑貨・洋服

シーサンパンマイ(店内)Srisanpanmai สีสันพรรณไม้
ドラマの撮影場所に選ばれたというほど、洗礼された北部の布製品が並ぶ店。
オーナーは織物の里メーチェム出身のアンチャリーさん。いつも伝統的な衣装をまとっている素敵な女性で、商品の品揃えにも納得がいく。
メーチェムだけでなく、近隣から集められたカバンやアクセサリーなどデザインも優れていて、普段のオシャレに取り入れたくなるものばかりだ。
【営業時間】10:00-19:00
【場所】6 Soi 1 Nimmanhemin Road
【電話】(053)894-717

シーサンパンマイ枕


 

*営業時間や値段などは変更になる場合があります。
*地元情報誌One-Two Chiangmai/Chaoに掲載したものもあります。

 

新しい記事| 最新 |古い記事