チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイお気に入りのレストランやお店のご紹介

カテゴリー: カフェ

ユットさん グリーン・フード・コーヒー
チェンマイ市内から車で1時間ほどのカフェ。
1095号をパーイへ向かう途中のメーテーン郡にある。
「田んぼの中にカフェを開きたい」、そんな夢を実現したユットさんの店。
オランダに特注した機械で淹れるコーヒーの他、サイフォン、ドリップがある。






カフェラテ(65B)使う豆は、メーテーン郡のパーペー産。
ナッツと花のような香りが特徴だ。

詳しくはブログ記事を参照。


 

【営業時間】7:30-18:00(無休)
【住所】39 Moo, 1 Baan Pang Hang, Sobperng, Maetang(途中から看板あり)
【電話番号】081-971-8811
【FB】Green Food Coffee
手作りケーキ 田んぼが広がる

 

 


 

カテゴリー: カフェ

local cafe地元の素材を使ったフュージョン・スイーツと料理を食べられるカフェ。
オーナーは、タイの人気コメディアン、アーティストのウドムさんで、2014年5月10日にオープンした。
店の前には大きな猫が手招きをしている。
local rice style店内の家具も器も全て手作り。
まるでギャラリーにいるようで、アートを楽しみながらスイーツを味わえる。
メニューは地元の素材を使ったものばかりで、それを欧米や日本と融合させたオリジナルのものばかり。発想が面白い。

詳しくはブログ記事をどうぞ



 
【営業時間】10:30〜22:00
【住所】Think Park 内(Nimmanhemin Road とHuay Kaew Road交差点)
【電話番号】0-5321-5250
【FB】https://www.facebook.com/lovelocalcafe
  カボチャのケーキ 店内




JUGEMテーマ:グルメ


 

カテゴリー: カフェ

キャロットケーキガオ ムー ガオ
チェンマイ郊外にある素敵なお店。
オーナーはイギリス人とタイ人女性(シリパンさん)のご夫婦で、キルト・アーティストでもある。
料理やお菓子はすべて手作りで、材料にもこだわっていて、生クリームもきちんとフレッシュのものを使っている。
おいしい食事やケーキを食べながらのんびりできる隠れ家的の店。






------------------------------------------------------
【営業時間】10:00〜17:00(木〜日曜のみ)
【住所】山を前に見てトンパヨム市場から運河沿いに左へ(ハンドン方面)。15-20分ほど車で走ると、右側に小さな看板が出てくる。運河を右に渡って看板通りに進む(2分)。
google map
【電話番号】087-187-4243
-----------------------------------------------------------

庭店


JUGEMテーマ:グルメ


 

カテゴリー: カフェ

A/sa/ma Cafe(世界バリスタ3位アサマ・カフェ)

クルア・ヤーの店の横にオープンした家族経営のカフェ。
世界バリスタコンテストで3位を受賞したという。小さいお店だが、池に面した庭があり、のんびりするには最適。
隣りのタイ料理屋さんで食べた後、こちらのカフェでお茶、というのがオススメだ。
手作りケーキも召し上がれ。

ブログ記事はこちらをクリック
 
  
【営業時間】-16:00(1、16日休み)
【住所】Lakeland住宅地の中(ステープ郡役所を過ぎて50mほど行き、左側の古い木彫の門を入る)
【電話】(053)805-497、(089)433-5991, (089)433-3883, (080)144-2323
【値段】コーヒー60B前後
【HP】http://www.kruaya.com/
庭 ブラウニーチーズケーキとコーヒー
 


 

カテゴリー: カフェ

Mr.Tawachai おいしいコーヒーを探求し続けているタワッチャイ・ソーパナスック(通称トム)さんの淹れるコーヒーは人を魅了し続けている。2006年に移動式バンで本格的コーヒーを売り始め、その後リンピン・スーパー(Nim City)にカフェを設け、つい最近、「古い家の博物館」に3号店をオープンした。
どの店も圧倒的な人気を集めているが、その秘訣はトムさんの気さくな人柄にもあるが、「職人のコーヒー」と店名につくように、豆や焙煎、淹れ方にこだわっていること。
special coffee  特にカフェラテやアイスモカなど店で使うコーヒー豆は「ピーベリー」と厳選している。一般のコーヒー豆(平豆)は対になっているが、ピーベリーは丸く1個だけで木になる。太陽が均一にあたり、味も香りも凝縮されるという。普通の豆の10%しか採れないが、店ではその豆を贅沢に使って香り良いコーヒーを淹れている。
そしてこの3号店のカフェでのみ味わえるのが、ゆっくり淹れるサイフォン・コーヒーとケメックスのコーヒー。豆はチェンマイ産のドライプロセス(通常は「水洗式」)したものを使用し、豆本来の味を楽しめる。酸味のあるフルーティーな味が好きな人にオススメだ。
(トムさんがいる時しか飲めない)
home made scone ちなみにケメックスとは、ドイツの化学者が考案したフラスコのような容器で、それにお湯を注ぎながらゆっくりコーヒーを淹れていくもの。渋味や脂肪分を適度に取り除くので洗礼された味になる。
週末には手作りジャム&生クリームのスコーンがあるので、コーヒーと一緒に楽しみたい。

*敷地の関係で、隣りに移転。メニューも変更になっている。(2015.10)
*トムさんはこの支店にはいない。



 
【営業時間】8:00〜17:00(無休)
【住所】พิพิธภัณฑ์เรือนโบราณล้านนา(ピピタパン・ルアン・ボーラン・ラーンナー)内。チェンマイ大学美術館・アートセンター裏手。運河沿い。
【電話番号】08-4041-5985
Thom Coffeechemex coffee


 

カテゴリー: カフェ

お客さんの前でミルクを注いでいくアーノンさん。 オーストラリアでバリスタとして働き、数々の賞をとった青年がチェンマイに店を開いた、今話題の「リストレット」。噂のバリスタは、アーノン・ティティプラサートさん。タイ人に「本物」のコーヒーを味わってもらいたいとカフェをオープンした。豆の煎り方、ブレンドの仕方、コーヒーの淹れ方、ミルクの注ぎ方……、そんな1つ1つのことにこだわり、コーヒー本来の持つおいしさを最大限に引き出している。 
 その秘訣は、店名にもなっている「リストレット」。豆によって異なるが、最初に抽出した15〜20mlの濃縮されたものをさし、それがコーヒーの香りと味が楽しめる量だという。残りは苦味が出るので使わないとか。店では、このリストレットの倍量をベースにして、カフェラテなど様々なコーヒーを作り出している。
Flat White コーヒーの世界を覗いてみたければ、ぜひアーノンさんにブレンドしてもらおう。フルーティーなのが好きなのか、フルボディーがいいのか、好みに応じてブレンドしてくれる。
「ラテ・アート」というだけあり、芸術のひと言。
 アーノンさんの話に耳を傾けながらコーヒーを味わいたい。
 詳しくはこちらをクリック。
---------------------------------------------------------------
【営業時間】8:00〜23:00
【住所】Nimmanhemin Road Soi3とSoi5の間
---------------------------------------------------------------
アイス・モロキノ(チョコとコーヒーがミックスされている)アーノンさんの哲学



 

カテゴリー: カフェ

ウルグアイ・スイーツ(60B) メーサー象キャンプやサムーンへ遊びに行く時に寄りたいのがここ。自然に囲まれたラグーンホテル内に新しくできたカフェだ。つい最近、娘のボートさんが親からホテルを引き継ぎ、改装した際にカフェもオープンした。 
 ベーカリーは、チェンマイのどの店にもないような珍しいものばかり。例えば、ウルグアイ人の友達に教えてもらった「ウルグアイ・スイーツ」。アイスクリームにたっぷりのキャラメルとクッキーがのった濃厚なおやつだ。
ボートさん ブラウニーを凝縮したような「ミシシッピー・マッドパイ」は濃いダークチョコの中にコーヒー豆が入っている大人の味。どのスイーツもどっしりしていて、甘党にはたまらないだろう。
 辛党には、北部名物のゲーンハンレーをパイで包んだ「ゲーンハンレー・パイ」がオススメ。サクサクしたパイ生地の中に、ピリッと辛いゲーンハンレーが入っている。これはおばあちゃんのレシピで、脂身の少ない豚肉をスパイスで6時間以上コトコトと煮て作ってある。
「おいしい香りがするホテル」というコンセプトなだけあり、辺りにおいしいアロマが常に漂っているお菓子の家のような場所だ。
 ホテル内のレストランでは、おいしいタイ料理も味わえる。
-------------------------------------------------------
【営業時間】9:00〜21:00(無休)
【住所】Mae-Rim Lagoonホテル内。65/7 moo 6 Mae Rim - Sameong Old Rd., Mae Rim(Wawee Coffee横の路地を入る。フォーシーズンズ近く。)
【電話】0-5329-7288(内線555)
-------------------------------------------------------
ハンレーパイ広い敷地のカフェ&ホテル


 

カテゴリー: カフェ

リーさん 自分が生まれ育った村の人たちを助けたい、そんな思いで2010年3月29日にアカ族のアユ・チューパーさん(通称:リー)がオープンしたのが「アカアマ・コーヒー」だ。
「アマ」はアカ語でお母さんという意味で、リーさんにとって偉大なる母であり、友達であり、先生である尊敬するお母さんから名付けた。
 大学を卒業してからNGO関係で働いていたが、村の人の生活を良くしたいと思い、起業した。もともと村ではコーヒーを栽培していたが、それの品質を上げ、フェアトレードにした。
コーヒー豆「作る人が幸せで、飲む人も幸せだったら僕も幸せ」
 そう語るリーさんは自分の利益は後回し。お金で買えない幸せを知っているのだ。小学校6年生から小僧としてお寺の学校に通っていたリーさんだからこそ言える言葉だろう。
 だからコーヒーは質が良いのにびっくりするほど安い。
モカアイス 本当は豆だけを販売する予定だったけど、お店で飲みたいという人が多かったのでこじんまりとしたカフェをオープン。
 モカやカプチーノ、カフェラテなど香り良いコーヒーを楽しむことができる。
 アイスモカの牛乳がとてもクリーミーでおいしい。
日本でも同じ味を再現したければ、コーヒー豆をお土産にしたい。
この店は素敵な内装で居心地がいいが、
旧市街に2号店「Akha Ama Coffee La Fattoria」がオープンしたので、旅行者にはそちらが便利。


◎アカアマコーヒーができるまで。クリック
 

------------------------------------------------------------------ 
【営業時間】8:0020:00

【電話番号】08-6915-8600

【住所】9/1 Mata Apartment, Hussadhisawee Road Soi3, Changphuak
    2号店:175/1 Rachadamnoen Road(ワット・プラシンを背にして真っ直ぐ数十メートル行った右側)

【サイト】http://www.akhaama.com
------------------------------------------------------------------
カフェラテお店




 


 

カテゴリー: カフェ

コーヒーゼリードリンク 素敵な日本人女性、くみこさんが経営するカフェ。
コーヒー豆は北タイのフェアトレードのものを使用し、手焙煎器でローストしている。
 チェンマイでは珍しいドリップ式で、1つ1つ丁寧にそして真心を込めて淹れられたコーヒーは格別。
 ホットコーヒーや水出しコーヒー、ホットカフェオレの他、季節のフルーツジュースやココア、アイスティー、フロートなどどれも試してみたくなるものばかり。
 ちょっと変わりメニューは、写真のコーヒーゼリードリンク。
 下がコーヒーゼリー、上が牛乳の2層になっていて、練乳がついてくる。
コーヒーゼリードリンク それを混ぜ混ぜして飲むと、牛乳と一緒にコーヒーゼリーがつるんと舌をくすぐって、喉を通っていく。
 飲み物の他にも、手作りのクッキーやスコーンがあるのでスイーツも一緒に楽しみたい。
---------------------------------------------------------
【営業時間】10:00〜17:00(土・日休み)
【場所】2/8 Soi3 Sanaam Kila, T.Sriphum (チャーンプアック競技場近く。競技場前の歩道橋の細い路地を奥に入っていった左手)
 

【サイト】http://www.kissachiangmai.com/
---------------------------------------------------------
味噌スコーン店


 

カテゴリー: カフェ

ヌイさん コーヒーではなく、紅茶を飲みたい人にお勧めなのがここ。落ち着いた店内には紅茶の缶がずらりと並び、それを見ているだけで幸せな気分にさせてくれる。
 このお店を開いたのは、フランス人のオリヴィエさんとプレー県出身のヌイさん。オリヴィエさんはフランスで紅茶のお店をしていたという。ヌイさんもフランスで紅茶の研修を受けている。
香り良い紅茶は手作りケーキとどうぞ。 店で扱っている紅茶は入れ替わりで種類以上あり、フランスやインドなどから直輸入している。インドのダージリンやアッサム、ネパール、中国、スリランカの紅茶やお茶、ハーブティーは店内で味わうことができる。カウンターで香りをかいで選ぼう。
 オリヴィエさんお手製のケーキもあるし、夕方からは食事もある。
紅茶の量り売りをしているので、好きな味が見つかったら買うことができる。
Soi9 Nimmanhemin Roadに移転

-----------------------------------------------------------------------------

 

【営業時間】17:00〜01:00
【電話】0-5380-8223
【住所】257/2-5 Suthep Road(Nimmanhemin Road とSuthep Roadが交差する三叉路) Soi9 Nimmanhemin Roadに移転

----------------------------------------------------------------
落ち着いた店内

 


 

*営業時間や値段などは変更になる場合があります。
*地元情報誌One-Two Chiangmai/Chaoに掲載したものもあります。

 

新しい記事| 最新 |古い記事