チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイお気に入りのレストランやお店のご紹介

カテゴリー: 市場

オーガニック市場タラート・ガセートインシー ตลาดเกษตอินทรีย์ JJ
このオーガニック市場は1997年から場所を転々としながら販売してきたが、2006年10月にJJマーケットへ移ってきた。ISAC(Institute for Sustainable Agriculture Community)という団体が運営していて、農薬による健康や環境への影響、外来種の増加、機械購入での借金といった問題を見直し、「生産者と消費者のための農業」にするのを目的にしている。

オーガニックの野菜ここで販売している農家は、北部のオーガニック検査に毎年合格している人たち。毎回ボードには、生産者の名前と販売品、それの安全性が書かれた表が貼られている。
売られている物は野菜が中心で、その他に果物、ハーブ、揚げ魚、お菓子、米、豆、玄米ジュースなどがある。季節ごとに出てくる旬の栄養がたっぷりつまった食べ物も見逃せない。
【営業時間】水・土 6:00〜10:00頃
【場所】JJマーケット

穀物 北部野菜もいっぱい


 

カテゴリー: 市場

JJ Hobby Marketジェージェー・ホビーマッケット
バンコクのジャトゥチャック・マーケットのようにしたいとこの地域一帯をデザインしたものの、いつも閑古鳥が鳴いている。
よく見るといろいろあるけど、全体的に閑散としているのであまり訪れる人も多くない。

JJ Hobby Marketだけど、ガラクタ市やアンティーク市などには古い家具がたくさんあるので、ちょっと味があるものを探している人にはオススメだ。
【営業時間】朝-夕方 
【場所】カムティエン植物市場、ロータスの横



 

カテゴリー: 市場

布に着いたビーズตลาดม้ง タラート・モン
ワロロット市場の裏に立つ市場。
若い子に人気があるモン族のひだスカートは、紺色や白地のものがあり、120B〜と街の店よりずっとお得。
また、農作業をする時に蛇除けでつけている脚絆、赤ちゃんのおんぶ紐(布)、スカートの周りに飾られているベルトなど、民族衣装を各パーツでも売っている。
布は新しいものと古いものがあり、後者はくすんでいて埃をかぶっているが、刺繍の繊細さは断然、古布のほうが美しい。
タイの他、中国やベトナムのモン族の布が山のようにある。
【営業時間】朝-夕方(毎日)
【場所】ワロロット市場の裏。
【値段】布100B前後

モン族の市場カバン


 

カテゴリー: 市場

金曜市場金曜日にたつ市場で、ナイトバザールの近くにある。
ここの特徴は、チェンマイに住むシャン族(ミャンマー)やジンホー(中国系ムスリム)が売りに来ているので、街の市場とは違う食材を買えること。

金曜市場腐乳や漬物、干し納豆、ぷにゅぷにゅしたういろうのようなひよこ豆、黒もち米を焼いたものなどが売られていて、屋台で食べることもできる。

金曜市場詳しくはこちらをクリック。

--------------------------------------------------------------------
【日時】金曜日の午前中
【場所】Charoen Prathet Road Soi1 (ナイトバザール。D2ホテル向かいの路地を入る)
--------------------------------------------------------------------


 

カテゴリー: 市場

牛市私の好きな市場に、サンパトーン市場がある。
土曜日に開かれる青空市場で、何でも売っている。
特に有名なのは、「牛」。
白いコブがある牛と水牛が各地から集められ、
売られていくのだ。
真っ黒に日焼けしたカウボーイハットをかぶったおじさんたちがおしゃべりをしながら、値段の交渉をしていく様子は異国にまぎれこんだようだ。

闘鶏闘鶏用のニワトリも売られている。
ちょっと試しに闘わせてみると、
血が騒ぐ男性たちが集まってきた。

季節によってはカブト虫もカブト虫の季節になると(9月頃)、
サトウキビにくくりつけられたカブト虫が出てくる。
買うのは少年より成人男性が多い。
こちらも「闘カブト虫」用だからだ。
棒で音を立てて闘争心をかりたてる。

唐辛子その他、スパイスや唐辛子、野菜、果物、調味料などなど
ありとあらゆる食料品が所狭しと並ぶ。

彫刻刀牛の鈴お守り

彫刻刀や牛の鈴も種類が豊富。
お守りや洋服、下着、魚の網、アイロン、自転車、バイク、竹細工などなど、
言ってないものはない?
ちょっと昔の市場を思い出すような、エネルギーが溢れているところだ。
【営業時間】土曜日の午前中
【場所】チェンマイ門ウワラーイ通りから黄色のソンテオに乗って約40分。


 

カテゴリー: 市場

タラートタラートナット・ガセート ตลาดนัดเกษตรปลอดพิษ
ニマンヘミン通りに田んぼやトウモロコシ畑が広がっている敷地がある。
そこの一角に小さな八百屋が毎日オープンしているが、毎週水曜日と土曜日になると市が立つ。
特に土曜日は賑やかで、チェンマイ市内近郊の村から新鮮な野菜やお惣菜が持ってこられる。
減農薬・無農薬の野菜・お惣菜を売るのが原則なので、安心して買うことができる。

絹ごし豆腐も!森で採れる花や野菜(葉)の中には、時々見たことがないようなものもあるので、見ているだけでも楽しい。
私のオススメは、作りたての木綿豆腐。
沖縄の島豆腐のように硬めなので、炒め物に最適だ。
大豆の味が濃いし、スーパーのものと違って防腐剤が入っていないのが嬉しい。
*水曜日はチェンマイ大学内(農学部近く。Suthep Road)、土曜日はメーヒア(トンパヨムから運河沿いへ南下。数キロ行った左手)へ移転。(2015) 
【営業時間】6:00-1200

  こんな野菜・花も魚 


 

*営業時間や値段などは変更になる場合があります。
*地元情報誌One-Two Chiangmai/Chaoに掲載したものもあります。