チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイお気に入りのレストランやお店のご紹介

<< hern gallery → 現 Gallery See Scape | 最新記事 | JJオーガニック市場 >>
カテゴリー: スパ&マッサージ

秘伝?のハーブบ้านมะมาสมุนไพร
抜け毛や髪のハリがなくなってきたというような悩みをケアしているのがこのお店。
創設者のチャンタモン・プーラニンさん(通称:レック先生)は一般のヘア用品をもともと使っていたが、材料の化学物質にアレルギー反応を起こして困っていたところ、伝統的なハーブに詳しい先生に出会う。
その先生に教えてもらったハーブのレシピを試してみると、すっかりアレルギーが治り、抜け毛、白髪が改善されたそうだ。

パリチャートさんこれを機に、自己流にハーブをアレンジし、1998年に「ママー」の店を立ち上げた。評判は良く、髪の毛が生えてきた、ハリが出てきたなどと評判が広まり、今ではタイ全国にお店をもつほどで、チェンマイには、ニマンヘミンとカーフー近くにある。
この方はニマンヘミン店のオーナー、パリチャートさん。

店内ママーのヘアケアは頭皮の改善から始まる。これまでに使ってきた界面活性剤入りのシャンプーやリンス、化学物質が入った白髪・オシャレ染め、パーマ、ワックスなどが、頭皮にダメージを与え、抜け毛、薄毛、フケなどの原因になっていることが多いので、まずはそれを洗い流し、頭皮環境を変える。
ママーのハーブペーストでパック続けることで、少しずつ頭皮が柔らかくなり、5、6回とトリートメントを受けると、髪の毛にハリとつやがでてくるのを実感するという。

ハーブを塗っていくハーブペーストは、100%自然のハーブペーストを髪全体につけていくが、髪の毛を黒く染めたい人はソープベリーがベースのものを、茶色っぽい仕上がりがいい人はインディアングーズベリーがベースになっているものを使う。
人の髪色、髪質によっても仕上がりは違ってくるとか。続けていると白髪も染まっていく。

スカーフを巻いてくれる最低6時間はパックをするが、頭にスカーフを巻いてくれるので、そのまま帰れる。(男性は帽子)
一晩おくといいが、いらないタオルを敷いて寝ないと色が落ちるので要注意。
その後の洗髪は自分でしてもいいし、店でも洗ってもらえる。
効果はいかに? 興味がある人は行ってみて。男性客も多い。
【営業時間】8:30〜18:00(水曜休み)(土・日は混む)
【住所】Soi 17 Nimmanhemin Road(アパート内)。Srimankalajarn Road から入ると右手。
【電話】053-213-515
【値段】450B、その他のコースもある。スカーフ、タオルは購入。


 

*営業時間や値段などは変更になる場合があります。
*地元情報誌One-Two Chiangmai/Chaoに掲載したものもあります。