チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイお気に入りのレストランやお店のご紹介

カテゴリー: 多国籍料理

塩卵が入った肉まん江桂泉餅家 ร้านวิกุลพานิช
肉まん(サラパオ)屋はたくさんあるが、ここはちゃんと手作りしている老舗。
蒸すそばからどんどん売れていく人気の秘訣は、豚肉や塩卵などの具がたっぷり入っていることだろう。
しっかりした味付けもタイ人好みなのかもしれない。

お店はいつも人でいっぱい蒸したてのあんぱんやシュウマイも一緒に味わいたい。
なぜか隣りも肉まん屋だけど、向かって右側の店。
行列しているのですぐわかる。
肉まんは大人気なので、蒸し終わるまで10分ほど待つこともある。
【営業時間】8:00-17:00(不定休)
【住所】138 Charoen Muang Road(ターペー通りを背にし、ナワラット橋を渡って数十メートルいった右手) 
【電話】053-241-930
【値段】肉まん(小)12B、(大)25B、シュウマイ(5個)20B

あんまんとシューマイ中国の焼き菓子も売っている


 

カテゴリー: 多国籍料理

レバノン風チキンロールジェルサレム・ファラフェル
オーナーのチェンさん(タイ人)はもとイスラエルでシェフをしていたが、1991年にチェンマイに店を開いた。
94年に旅行で遊びに来ていたイスラエル人のハヴィットさんと出会い、今は一緒に料理を作っている。
料理は多国籍でいろいろあるが、店のオススメは豆のディップやサラダなどを盛り合わせた前菜のMeze(メゼ)。また、Pita Falafel Hummusというひよこ豆の団子が入ったサンドイッチは軽食に最適だ。
【営業時間】9:00-23:00(金曜休み)
【住所】35/3 Moon Muang Road(旧市街を背にしてターペー門にあるBlack Canyonを右折。20メートルぐらい行った右手) 
【電話】053-270-208
【値段】ディップ100B〜、メイン200B前後、メゼ400B

トルココーヒーバクラバ(お菓子)タヒーニ・ディップ


 

カテゴリー: 多国籍料理

てこね寿司ジガンティア(慈庵)
メニューの種類がとにかく豊富なうえ、料理の素材は安全で良いものを選んでいるので安心して食べられる。
日替わり定食セットはご飯、味噌汁、漬物、小鉢がついたボリュームたっぷりの満足いくメニューだ。
ランチには手作りデザートとコーヒー/紅茶がつくので幸せ度が増す。

厚揚げとレンコンのサラダアラカルトは定番のポテトサラダや肉じゃが、お手製の豆腐サラダ、厚揚げなどの他、旬の素材を使ったオリジナル料理を味わえる。
季節ごとに加わるオーナーの創作料理は必食。
とんかつソースやサラダドレッシングなども全部手作りなのが嬉しい。
※2012年にリニューアルオープンし、2階に移転。
【営業時間】17:00-22:30(月曜休み)
【場所】300 Changmoi Road(お濠からワロロット市場へ行く道を左折したすぐ左側。角にハンバーガー屋あり。2階。「慈庵」ののれんあり。)
【電話】(053)233-464
【値段】定食セット200B前後
【URL】ジガンティアのサイト

おむすびセット寿司


 

カテゴリー: 多国籍料理

小籠湯包手作り小籠湯包や餃子、シュウマイが食べられる食堂。
小籠湯包は口に放り込むとじゅわーっと熱いスープが出てくるのがご馳走の1品。
その他、卵スープや酸辛スープ、野菜炒め、麺など種類豊富にあるが、「包みもの」(餃子、わんたん、小籠湯包など)がオススメ。

【営業時間】11:00-22:00
【場所】Huay Kaew Road(リンカム交差点を山に向かって数百メートルいった左側。「屋台ラーメン」を過ぎたタウンハウスの1軒)
【電話】(053)400-663
【値段】小籠湯包50B、その他40B前後

エビシュウマイスープ


 

カテゴリー: 多国籍料理

クン・パンオーイเฝอนครพนม
ベトナム料理は生野菜とハーブをよく食べるので、野菜の新鮮さが勝負になってくるが、このお店のは無農薬栽培の自家製とか。
安心だし、とにかく野菜のいきがよくてモリモリ食べたくなる。

ネーム・ムアン料理はお馴染み、「ネーム・ムアン」(肉団子、ハーブ、野菜を皮で包む料理)、生春巻き(ポーピヤ・ソット)、ベトナムラーメン(フォー)、サトウキビの周りにエビのすり身をつけて揚げた「クン・パン・オーイ」など。
清潔、安い、おいしいの3拍子揃った店だ。
【営業時間】8:00-21:00
【場所】73/20 Chang Puak Road, Soi4(ガートスワンケーオからお濠の道を来て、ワット・ロークモーリーとJETのガソリンスタンドの路地を入る。つきあたりを右、すぐ左折した右手)
【電話】(053)223-836
【値段】フォー25B、ネーム・ムアン60/100B

ポーピヤ・ソットウォー・ナコンパノム


 

カテゴリー: 多国籍料理

ティラミスファヴォーラ
メリディアンホテルの中にオープンしたイタリアン・レストラン。
ドゥバイ、カナダ、クウェート、マレーシア、インドネシアなどでシェフをしてきたガスタヴォ氏の究極のイタリア料理を味わえる。
個人的には、キノコのリゾットとザリガニ&アーティチョークのパスタがおいしかった。
シェフのオススメはバニラビーンズを練りこんだパスタとか。
目に美しく、舌に喜びを与える料理とデザートが豊富にある。
【営業時間】11:00-23:00
【場所】Le Meridien(ナイトバザール)
【電話】(053)253-299
【値段】パスタ、前菜、デザート250B前後、メイン500B前後

アーティチョークとザリガニのパスタオープンキッチン


 

カテゴリー: 多国籍料理

スパゲッティー・ステーションホリデーイン
ウェスティン、シェラトンと名前を変えて、現在はホリデーインになっているホテルのビュッフェ。
タイ、洋食、インド、中華など料理はインターナショナルで、パテやチーズ、サラダ、チキン、魚など種類豊富に揃えている。特に日曜ブランチはカキなどのシーフードが充実。
デザートはタルト、チーズケーキ、プリンなど目移りするぐらいあるので、お腹にスペースを残しておこう。
【営業時間】ランチタイム 
【場所】318/1 Chiang Mai- Lumphun Road
【電話】(053)275-300
【値段】500B(税・サ込)、日曜ブランチ550++

フルーツタルトサラダ・ステーション


 

カテゴリー: 多国籍料理

オードブル盛り合わせSaitong ไทรทอง
じっくり煮込んだドライカレーや塩豚、グラタン、豆サラダ、牛タンシチュー、チェンマイソーセージ・シチュー、天むす、ナン、ポテトサラダなど、和食・日本風洋食を中心に国籍問わず、手作りのおいしい料理を味わえる店。
オープンスペースのレストランは心地良い風が通り抜け、1度座ると帰りたくなくなるような寛げる空間になっている。

ドライカレーオススメ料理はたくさんあるが、その中でも満足度が高いのが、セット・メニューだ。
オードブル5種類の盛り合わせと好みのカレーやシチュー、コーヒー/紅茶、シャーベットがついている。
個人的に大好きなのが、アンチョビ・ディップ。クリームチーズにアンチョビの塩辛さが加わり、食べだすと止まらない味だ。

ティータイムにはケーキセット、夜はバーでワインやカクテルというふうに、時間帯と気分でいろいろな味と雰囲気を楽しめる店だ。
【営業時間】11:30-14:00、17:30-23:00(火、第1・3水曜日休み)
【場所】21 Soi11 Sirimangkalajarn Road(つきあたり)
【電話】(053)222-379
【値段】ランチセット150B前後、セットメニュー280B、ティーセット90B
【URL】サイトーンのサイト

デザート盛り合わせバー


 

カテゴリー: 多国籍料理

レストランLe Gong Kum
ゲストハウスと併設してある、隠れ家的なベトナム料理屋さん。
大通りから一本路地に入ったそこは鳥やカエルの鳴き声が聞こえてくるジャングル(もどき)だ。
オーナーのノーイさんがここに店をかまえて約18年。
もともと料理が好きだった彼は、バンコクに出た時にベトナム料理を習う機会に恵まれ、チェンマイに戻ってからレストランを開いた。
ベトナム料理は野菜やハーブをたっぷり使って健康的だし、いくら食べても胃に軽く、見た目も美しいし、ヒュージョン料理にしてもおいしいのが魅力とか。

ネームヌアンベトナム料理は全体的に淡白なので、辛・甘・酸などのはっきりした味を好むタイ人の舌に合うように少しアレンジしていて、レシピは全部オリジナル。
すべての食材は新鮮なものを地元で、特別なものはノンカーイ県から調達している。
化学調味料はいっさい使わず、素材のおいしさをふんだんに引き出した料理は、1皿1皿が目に美しく、舌に愉しく、胃に優しい、という細やかな心配りが冴えわたる店だ。
【営業時間】7:00-21:00(無休)
【場所】38/3 Soi Charntrasup, Huay Kaew Road
(リンカム交差点からお濠に向かって数十m歩き、路地を左折)
【電話】(053)221-869
【値段】1皿70B前後

ムーヨーサラダ生春巻き


 

カテゴリー: 多国籍料理

野菜カレーディンディー
チェンマイ大学美術館の敷地にもともとあった土の家を改装したレストラン
自然の中で食事をしているような快適な空間がある。

din deeメニューはタイ料理の他、ゴーヤチャンプルー、ひよこ豆のカレー、野菜カレー、手作りケーキなど。
オーナーのあゆみさんの細かな気配りがところどころに感じられる店だ。

*2016年7月31日で残念ながら閉店。8月4日から「Ramon Cafe」がオープン。元ディンディーで働いていたスタッフの店となる。

 

 

 

 

【営業時間】9:00-18:00(月休み)
【場所】Nimmanhemin Road(チェンマイ大学アートセンター敷地内)
【電話】(089)755-0192, 053-286-046
【値段】1皿70B前後
【URL】http://www.dindeecafe.com

内観外観

 

 


 

*営業時間や値段などは変更になる場合があります。
*地元情報誌One-Two Chiangmai/Chaoに掲載したものもあります。

 

新しい記事| 最新 |古い記事