チェンマイ食いだおれタイ

チェンマイお気に入りのレストランやお店のご紹介

カテゴリー: カフェ

Aunสลิ่มสีแดง
 このお店を開いたシリオンさん(通称オン)はお母さんが縫物をしていたからか子どもの頃から作ることが好きで、カバンを縫ったり、服をリメイクしたりしていたという。
 店は農具や古いお弁当箱、棚などでセンス良くデザインされてあり、心地良いスペースになっている。そこでオンさんがミシンを踏んだり、コーヒーを淹れたりしていて、まるで友達の家に遊びに行ったような雰囲気がある。
 オンさんの作るものは、ほとんどがオーダーメイド。「こんな色でこんな形のカバンが欲しい」というと、あとはオンさんが想像を膨らませて世界でたった1つの素敵な物に仕上げてくれる。
 ボタンや紐などちょっとしたところにオンさんのセンスが光っている。
pretty cafe 食べ物のオススメは、東北ウボン県から取り寄せた麺で使ったクウェチャッブ・ユアン。つるっとして弾力があるのが特徴だ。自分が好きな料理ということもあり、既製品だけれどもスープや具のムーヨー(豚ソーセージ)など厳選している。
 朝食には、卵焼きと友達お手製のパンをトーストしたセット「Bird’s Nest Course」がある。また、お姉さんが住んでいるベルギー産のココアやジャムを使ったアイスココアやタイ風トーストなども学生に人気がある。
----------------------------------------------------------------
【営業時間】9:30〜17:30(月休み)
【場所】チェンマイ大学裏。トンパヨム市場交差点(Suthep Road)を大学に向かってわたり、最初の細い路地を左折(歯科医院を過ぎてすぐ)。50mほど行った左手。
【電話場号】08-6764-9830
---------------------------------------------------------------- Vietnamese style noodle Kuwei ChapBelgium cocoa & toast w/ condensed milk


 

カテゴリー: カフェ

earth tone"Earth Tone"といえば、ナチュラルカラー、天然素材を使った洋服でおなじみのお店。ニマンヘミンにもあるので見たことがある人が多いかと思う。
そのオーナーが自宅にカフェをオープンした。
アンティークの家具とカラフルなクッションなどを合わせてあり、落ち着いているけどどこかワクワクする雰囲気がある。
chicken sandwichコーヒー、カプチーノ、アイスモカなど一通りの飲み物があるほか、サンドイッチなどの軽食も食べられる。
シェフがいると、写真のような豪華なチキンサンドがあるが、不在だとシンプルなものだけになる。
予算に応じておまかせ料理もできるとか。
カフェにはお店とゲストハウスも併設されているので、興味がある人は覗いてみよう。


※Wawee Coffeeに変更になってからはメニューはWaweeのものになっている。
----------------------------------------------------------------------------
【営業時間】9:00-18:00(月休み)
【電話番号】
0-5341-4170
【住所】131/25 Moo1, 700 Year Rd. Changpueak, Chiang Mai 50300(運河沿いを700年競技場に向かう。大がかりな工事をしている路地を左折。Touch Hillコンドミニアムを通り過ぎた左手)
【サイト】
http://www.e-earthtone.com
----------------------------------------------------------------------------

 mocha iceearth tone


 

カテゴリー: カフェ

sandwich set デザイナー、医師、建築家、法律家など人が共同運営しているお店。
この店の特徴は、スマトラ産のコーヒーやケニヤのブルーマウンテン、ジャコウネコの糞から採れる希少価値の高いコピルアックなどが飲めること。
 また、独自にブレンドしたニマン・ブレンドは南米とインドネシア、タイの豆を合わせてある。香りはチョコレートのようでベリーのような酸味があり、飲んだ後にほんのり甘味があるとか。
blueberry cheese それぞれのコーヒーはドリップ方式、フレンチ・プレス、サイフォンがあり、ドリップはライト、フレンチはどっしりとした味が好きな人にと、好みの淹れ方で飲むことができる。
 また、ケーキをドリンクで味わえるティラミス・フラッペとブルーベリー・クリームチーズフラッペもお試しあれ。前者は香り良いエスプレッソとチーズが絶妙に絡み合い、後者は濃厚なクリームチーズにブルーベリーの酸味が加わり、まるでチーズケーキを食べているようだ。
------------------------------------------------------------
【営業時間】10:00〜20:00(無休)
【住所】Soi 1 Nimmanhemin Road(Deco Moda内)
 ------------------------------------------------------------

cofestatiramisu


 

カテゴリー: カフェ

Aracha&Nattamonหอมปากหอมคอ

とってもセンスの良いアラチャさんのカフェは彼女の愛情で溢れている。
種類は少ないけど、自分の好きなものだけを「ハート・メイド」で作っているので、お店で出すお菓子は彼氏や両親が好きなものばかり。
理由は、自分が好きでないといくら頑張ってもおいしく作れないからだそう。

hot cacao (80B)ここのオススメはなんといっても「ココア」。
チョコレートを食べているのでは?!というほど濃厚で満足のいく一杯だ。
どれも1つ1つ注文してから作る、真心がこもったおもてなしを楽しめる。

【営業時間】12:00〜19:00(火休み)
【住所】32 Soi1 Nimmanhemin Road
【電話番号】08-3154-3113
Ice fruit tea(70B)Juisinana(85B)


 

カテゴリー: カフェ

茄子ベーコン、キノコのトマトソースグラタン(100B)グリーン・デイズ
食べるとまた食べたくなる、そんな魅力的なお店が「グリーン・デイズ」。
オーナーの敦子さんは、チェンマイにマッサージや瞑想をしに来たのだけど、縁があり自分の店を持つことになった。料理によって人をヒーリングできたらという想いが込められている。

cottage cheese curryサンドイッチのパンなど全部手作り。化学調味料や防腐剤なども一切使っていない。
オススメの1つは、15種類以上のスパイスを組み合わせて煮込んだインドカレー。奥深い味で、チキン、カッテージチーズ、野菜、ミンチポークから選べる。
その他にも、玄米サラダ、グラタン、カリフォルニアロール、スパゲッティー、サンドイッチなどあり、どれも色彩がきれいでボリュームたっぷりだ。

red bean smoothieぜひ飲んでもらいたいのがスムージー。ピーナッツ&ゴマ、黒糖生姜、小豆ミルク、抹茶ミルク、ドリアン(!)などのスムージーは500mlとたっぷりあるうえ、粉雪のように溶けていく口当たりがたまらない。
また、新鮮な生クリームを使ったロールケーキもふわふわとしていてぜひ味わいたいスイーツだ(注文のみ)。

【営業時間】11:00〜21:00(日休み)
【住所】4/2 Lhoikro Road soi3(ナイトバザール近く)
【サイト】http://www.green-days.org/
【電話番号】053-449-522
ポテトとサーモンのホワイトソースグラタン(100B)outside seatsプリンとチャイ 


 

カテゴリー: カフェ

the owner, Pam, very sweet ladyお菓子作りや裁縫が大好きなパムさんが2010年10月にオープンした店
木のお家で、家具やインテリア、食器など1つ1つ丁寧に選んでいる愛情が溢れるカフェだ。
ここに来たら友達とおしゃべりしてもらいたいと思い、Wifiもあえてつけていない。

homemade scon & passion fruit jamお手製スコーンはホームメードのパッションフルーツ、ストロベリージャムがついてくる。
ふわっとしていて甘酸っぱいジャムと一緒だとぺろりと平らげるおいしさだ。
週末はアップルパイがあるとか。
パムさんの手作り製品も並ぶので、そちらもお見逃しなく。

また、同じ敷地に素敵なお店がオープンしたのでぜひのぞいてみよう。

【営業時間】10:30〜18:00(水曜休み)
【住所】ワット・ウーモンからワット・ランパーン(瞑想寺)へ行く途中の右手にあり。
handmade goodshandmade curtain


 

カテゴリー: カフェ

dancing teaกู
この店を開いたのはローティー好きのスピターさんとピヤラックさん。
「ロティー」というタイ人が大好なおやつを「屋台」ではなく、ちょっとワンランクアップしてポップな店にしてオープンした。
売りは、ロティーと「チャー・チャック」という紅茶。これはコンデンスミルクと紅茶を宙に飛ばし、空気を入れながら混ぜて作る飲み物だ。マレーシアのスタイルだが、こうすることで香りが増すそうだ。泡がぶくぶくっと立ち、まるでカプチーノのよう。
コンデンスミルクが入るのでドカンと甘いけど、どこか懐かしい。

roti tissue nomロティーは、定番のコンデンスミルク&砂糖の他、チーズ&ハム、鶏卵素麺、鶏肉のバジル炒めなどを入れて巻いたもの、アイスクリームをのせたものなど種類が豊富。
ローティーを薄〜く伸ばして揚げた「ローティー・ティッシューノム」はパリパリして香ばしい。
昼食には、ふわふわのローティーとグリーンカレーやイエローカレーのセットがオススメ。

guest houseまた、ゲストハウスも運営している。
うちっぱなしのコンクリートに白の寝具、というシンプルな部屋。
興味がある人はのぞいてみて。
【営業時間】10:00〜22:00(無休)
【住所】Chang Lor Road(サイアムTV手前) ニマンヘミンにもある。
【電話番号】0-5327-1762
cha chakroti & yellow currychocolate smoothie


 

カテゴリー: カフェ

ice chicアイスチック
店で扱っているのはジェラートとイタリアのイリー(illy)コーヒーのみ。欧米人が共同オーナーで、イタリア人のシェフにレシピを伝授してもらい、現在はイギリス人のシェフ、エディーさんが店を任されている。
この店の収益金の10%は孤児院に寄付されるそうで、将来はその子どもたちの働く場所になればという思いも込められている。

ice chicアイスクリームの素材はほとんどイタリアから輸入しているが、フルーツなどは季節ごとにタイで採れる新鮮なものを使用。
味はピスタチオ、ティラミス、クレーム・ブリュレなど合計24種類あるが、人気No.1のフレーバーはチョコレート。
とても濃厚でチョコ好きにはたまらない。
コーンとカップを選べるが、お手製のカリッとしたコーンがオススメだ。


【営業時間】10:00−22:00
【住所】Soi11と13 Nimmanhemin Road
【電話】0-5328-9262
【値段】1スクープ49B、コーヒー40B〜

エディーさんice chic


 

カテゴリー: カフェ

アーティストの作品いろいろ「マーラー」はインドで花、「テー」は中国でお茶という意味。
お店はシンプルながら、どこかレトロ調。入口には昔ながらの布やゴムぞうり、ホーローのお皿などが並んでいて、ちょっと一昔前の空気が流れている。映画「Always 三丁目の夕日」の駄菓子屋さんのイメージにしたかったとか。
まだ途中だが、チェンマイに住むいろいろな作り手の物が販売されていて、面白い空間になっている。
オーナーは自然が大好きなジェーさん。チェンマイ大学の美術学部を卒業し、ビデオ・アーティストとして活躍している。

jo-sannジェーさんはこの店をビジネスではなく、「コミュニティー・スペース」にしたいと思っていて、友達が作品を販売する場を設けたり、定期的にワークショップを開いたりしている。
これまでに、フラワーアレンジメント、写真、音楽鑑賞、映画撮影などを行った。どれもちょっと視点を変えたユニークなワークショップだ。いずれは本や映画、音楽を揃えてメディアライブラリーを作りたいそうだ。

ハーブティーマーラーテーのオススメは、「サマーラテー」と「ホンヨック」。前者は風や水、土などのエレメント(生命エネルギー)のバランスを考えたハーブティーで、菊花やローズマリー、はちみつなどが入っている。後者はウーロン茶とミントなどが入ったお茶で、血行が良くなり、リフレッシュできるとか。
特筆すべきことは、ハーブティーに使うハーブはほとんど自分で育てているオーガニックのものだということ。注文すると、店の裏で栽培しているバラやミント、ローズマリー、稲などをチョキチョキと切ってポットに入れてくれる。
【営業時間】11:30〜19:30(木曜休み)
【住所】17 Nimmanhemin Road(真ん中の十字路のところ)
【電話】08-9431-5531
【値段】50B前後

お菓子店内


 

カテゴリー: カフェ

Shaved iceレッド・マンゴー
低脂肪のヨーグルトソフトクリームを食べられる店。
もともとは韓国発祥らしいが、バンコクに上陸し、チェンマイにはエアポートプラザとチェンマイ大学正門前の2カ所にあるが、フランチャイズなのでオーナーは違う。
チェンマイ大学前の店は、Kin Cenというタイ料理レストランのオーナーが経営していて、小さいながらも白を基調にし、カラフルなクッションでポップにアレンジしウキウキする雰囲気がある。
メニューは4種類あり、定番のIce Creamはオリジナル、ストロベリー、ミックスがあり、10Bでトッピングをのせることができる。


トッピング暑い日にオススメなのが、かき氷とセットのShaved ice。 好きなトッピング4つと練乳がのってくる。トッピングはチョコチップ、レーズン、スイカ、マンゴー、小豆、ライチーなど約25種類。
飲み物は、ヨーグルトアイスクリームとフルーツをシェイクしたCoolingとフルーツシェイクにヨーグルトアイスクリームがのっているIce floatがある。
ちょっと値段は高目だけど、おいしい。

【営業時間】11:00〜22:00(無休)
【住所】Huay Kaew Road(チェンマイ大学正門を背にすると、右斜め前150mほど)
【電話】053-892-988
【値段】49B〜

シェイク店内


 

*営業時間や値段などは変更になる場合があります。
*地元情報誌One-Two Chiangmai/Chaoに掲載したものもあります。

 

新しい記事| 最新 |古い記事